下放

下放

(一般)
げほう

中国、文化大革命期において毛沢東の指導により行われた思想政策。青年層が地方の農村で働き、肉体労働を通じて思想改造をしながら社会主義国家建設に協力することをその目的としたが、この下放によって、多くの青年層が教育の機会を失い、中国の教育システムならびに学問は崩壊し、下放を受けた世代は無学歴・低学歴という状況が顕在化した。
当然、これによって経済発展が大きく停滞したことは言うまでもない。

新着ブログ: 下放