二宮忠八

(サイエンス)
にのみやちゅうはち

1866年7月20日〜1936年4月8日
日本の明治時代の航空機研究者。日本で最初に飛行原理を研究した人物で、飛行神社の創健した人物としても知られている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ