井伊の赤備え

井伊の赤備え

(読書)
いいのあかぞろえ

徳川家康が若いころ、武田信玄の赤い鎧の軍団に蹴散らされたのを忘れぬため、部将の井伊家にこの鎧をつけさせた事実を言う。

新着ブログ: 井伊の赤備え