Hatena Blog Tags

優遇政策

(社会)
ゆうぐうせいさく
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

血統が国家を作り上げる。魂の先にあるものはなにか?

□血統が国家を作り上げる。魂の先にあるものはなにか? 国家を統治するには、民族別コントロールと資金コントロールをすることで、国家の平和維持を行なうという考え方が存在する。 すなわち、資本主義化を進めて、戦勝国が占領国の治安維持活動にために、軍部、警察を大量に配置して、治安維持をするということも行なうが、少数民族をつかった優遇処置による監視体制という方法も存在する。 つまり、日本が戦後、歩んだ道でもある。少数民族に特権を与えて、大多数の主民族の国民をコントロールをする方法である。 ある意味、占領統治下における国民コントロールは、「同族民族は、同族民族をコントロールすることができない」ということに…

G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。

□G7のメンバー国の優遇政策を最大限に利用する必要がある。 企業育成資金というものは、割引債におけるトレードを行って収益を得るということを考えれば答えがわかります。 割引債というのは、債券を割り引いて販売するという金融商品です。2009年以降は、一般公募での割引債の売買は禁止されていますが、現在もなお、当事者同士におけるダイレクト販売として私募として割引債の売買を行っています。 つまり、中央銀行、準備銀行間(通貨発行銀行)のMTN(中期債)、米国、日本を含むG7LTN、米国債、日本債の割引債のトレードは、私募プログラムの中では行われています。つまり、当事者同士の取引(ダイレクトトレード)の場合…