全但バス

(一般)
ぜんたんばす

全但バス株式会社は、兵庫県養父市に本社を置き、兵庫県北部の但馬地方をエリアとするバス会社。
筆頭株主は阪急阪神ホールディングスであったが、現在は神姫バス*1が10%程度を出資している。
1917年10月19日設立*2

主な事業

沿革

1917年10月、「南但自動車株式会社」として資本金15,000円をもって養父郡口大屋村(現、養父市大屋町)において事業開始。
1933年9月、本社を養父郡八鹿町八鹿(現、養父市八鹿町八鹿)の現在地に移す。
1938〜1952年、但馬各地の事業者を合併し但馬地方の旅客輸送事業を統一。合併後の車両台数は、バス77両、ハイヤー45両の計122両。
1939年12月、社名を「全但交通株式会社」に変更。
1947年6月、豊岡と神戸を結ぶ全国最長(当時)165.5kmの直通運行を開始。
1975年、高速バス「湯村〜大阪」運行開始。
1978年5月、社名を「全但バス株式会社」に変更。
1980年、高速バス「城崎温泉〜大阪」運行開始。
1994年5月、航空運送代理業(但馬空港)開始。

路線

兵庫県北部但馬地域を中心に路線・高速バス事業を展開しているが、不採算部門の整理が課題となっており、大規模な路線縮小・廃止が行われている。

一般路線バス

  1. 八鹿〜江原〜豊岡〜城崎線  
  2. 出石〜豊岡線  
  3. 出石〜奥藤・出石〜八鹿線  
  4. 出石〜江原・江原〜豊岡線
  5. 豊岡〜目坂・奥野線  
  6. 近大・戸牧団地〜豊岡駅〜コウノトリの郷公園線  
  7. 豊岡〜竹野線  
  8. 江原〜神鍋線
  9. 城崎・豊岡〜但馬空港線
  10. 八鹿〜井ノ坪・大屋・若杉・明延線
  11. 八鹿〜養父〜和田山〜新井・生野線
  12. 竹ノ内・白井・和田山駅〜和田山病院・与布土・金浦・柴線
  13. 新井〜井ノ坪・建屋線、八鹿〜石原線
  14. 八鹿〜関宮〜鉢伏・村岡・秋岡・湯村線
  15. 村岡〜ハチ北・板仕野・柤岡線

高速特急バス

  • 城崎・豊岡⇔神戸
  • 城崎・豊岡⇔大阪
  • 浜坂・湯村⇔神戸
  • 浜坂・湯村⇔大阪

グループ会社

  • 全但タクシー株式会社
  • 全但観光株式会社

*1:ただし、神姫バスの筆頭株主は阪神電鉄である。

*2:南但自動車株式会社として

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ