加賀一向一揆

(社会)
かがいっこういっき

加賀一向一揆(かがいっこういっき)

1488年、加賀の本願寺門徒の僧侶・国人・農民ら20万人が、守護・富樫政親を倒し、以後90余年にわたって本願寺門徒らが中心となり加賀一国内を支配・運営した一揆。織田信長との石山戦争の敗北による石山本願寺の陥落などにより、一揆は解体・沈静化された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ