十津川温泉郷

(地理)
とつがわおんせんきょう

奈良県の最南部にある十津川の温泉地帯。十津川は日本で最も大きな村として知られる。
泉質:単純硫黄泉、ナトリウム−炭酸水素塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、切り傷、やけど、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、糖尿病、痔疾、婦人病など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ