危険物

(一般)
きけんぶつ

消防法に規定された、火災の際に注意を要する物質。ここでいう危険物とは常温(摂氏20度)常圧(1気圧)で固体または液体のみである。一定量以上を保管、取り扱いには危険物取扱者の資格が必要である。

危険の性質に応じて、以下の6種類に分類される

  • 第1類:酸化性固体:可燃物を酸化して、激しい燃焼や爆発を起こす固体
  • 第2類:可燃性固体:着火しやすい固体や低温で引火しやすい固体
  • 第3類:自然発火物質及び禁水性物質:空気や水と接触して、発火したり可燃性ガスを出したりする固体または液体
  • 第4類:引火性液体:引火しやすい液体
  • 第5類:自己反応性物質:加熱や衝撃で、激しく燃えたり爆発したりする固体または液体
  • 第6類:酸化性液体:他の可燃物と反応して、その燃焼を促進する液体

危険物

(一般)
きけんぶつ

危険な物。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ