古川ロッパ

古川ロッパ

(アート)
ふるかわろっぱ

古川ロッパ=古川緑波(1903-1961)
戦前・戦中を中心に舞台、音楽、映画、漫談、物マネ(声帯模写)等多岐にわたって活躍した昭和の代表的なコメディアン。

1903年(明治36年)8月13日生まれ。
1926年、徳川夢声らと「ナヤマシ会」を結成。
1933年、浅草で劇団「笑いの王国」を旗揚げ。エノケンとは対照的な静的な芸風で一世を風靡、コミック・ソングも数多くヒット。
1935年、東京丸の内に進出し、「古川ロッパ一座」を結成。戦中も、舞台、映画、慰問公演等をこなし、戦前の名声を維持。戦後は、ラジオ出演等でその人気を維持したものの、戦前の輝きはみられず、持病の糖尿に苦しんだ。
1961年(昭和36年)1月16日、病没。

著作に「劇書ノート」「悲食記」「あちゃらか人生」「古川ロッパ昭和日記」(全4巻)。CDに『古川ロッパ傑作集』

新着ブログ: 古川ロッパ