史料批判

(読書)
しりょうひはん

Quellenkritik

歴史学における代表的な方法論。ランケが提唱。
残されている史料を鵜呑みにするのでなく、真正の物か、どういう意図で残された物かを見抜くこと。
ものすごく単純化すると、「史料の嘘を嘘と見抜けない人には(歴史学は)難しい」ということ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ