国民の創生

(映画)
こくみんのそうせい

The Birth of a Nation

 1915年のアメリカ映画。
 監督はD・W・グリフィス
 出演は、ヘンリー・B・ウォルソル、リリアン・ギッシュ、ラルフ・ルイスほか
 アメリカ合衆国を二分した南北戦争とその後遺症を南部白人の視点から描いた。
 映画は短篇が常識の時代に破格の大作長篇として作られ大ヒットした。世界的に見ても映画史上の需要作とされる。
 白人至上主義者団体のKKK(クー・クラックス・クラン)と南部の奴隷所有を正当化し、歴史を最も大きく変えた映画ともいわれる。
 現存プリントは1921年の再公開時の再編集版。

国民の創生 グリフィス短編集 クリティカル・エディション [DVD]

国民の創生 グリフィス短編集 クリティカル・エディション [DVD]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ