圧縮記帳

(一般)
あっしゅくきちょう

会社が受け取った補助金などに対して、法人税が課されないための工夫。
固定資産圧縮損という損失(損金)を計上することで、実際に取得した固定資産に毀損や滅失が生じているわけではないが、税額を少なくするためだけの経理上の処理として損失を計上する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ