多倍長整数

(コンピュータ)
たばいちょうせいすう

CPUの影響を受けない整数型。このため、32ビットや64ビットを超えた巨大な整数を扱うことができる。bigint 型, bignum 型などと呼ばれる。

  • python, ruby は多倍長整数を標準でサポート
  • perl では use bigint で多倍長整数を扱うことができるが、処理速度が遅いため Math::BigInt::GMP (libgmp バインディング) などを利用する事が多い
  • JavaではJDK1.1でBigIntegerが登場。処理系にもよるが、桁数が億のオーダーまで扱える。
  • (その他言語のデファクトの状況など追記をお願いします)

参考サイト

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ