大祖国戦争

(読書)
だいそこくせんそう

第二次世界大戦の独ソ戦のソ連側の呼称。ドイツ軍の攻撃で危機に陥ったソ連政府は、それまで(社会主義的立場から)否定していたロシア・ナショナリズムを露骨に肯定する方向転換を行い、この名称を与えた。
→東部戦線、独ソ戦

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ