委任統治

委任統治

(社会)
いにんとうち

第一次世界大戦後、国際連盟規約第22条に基づき国際連盟によって委任された国が国際連盟理事会の監督下において一定の非独立地域を統治する制度のこと。第一次世界大戦の敗戦国のドイツ帝国のアフリカ及び太平洋の植民地と、同じく敗戦国のオスマン帝国の支配下にあった中東地域が対象地域だった。
第二次世界大戦後、国際連合の発足により、信託統治制度として発展・継承された。

新着ブログ: 委任統治