姫ちゃんのリボン

姫ちゃんのリボン

(アニメ)
ひめちゃんのりぼん

水沢めぐみ作の同名漫画を原作とするテレビアニメ。
テレビ東京系にて1992年10月2日〜1993年12月3日放送。全61話。
主題歌はSMAPで、本人役で声の出演もしていた。

スタッフ

  • 原作:水沢めぐみ(集英社・りぼん)
  • 監督:辻初樹
  • キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺はじめ
  • シリーズ構成:山田隆司
  • 美術監督:小林七郎
  • 撮影監督:羽山泰功
  • 音楽:川井憲次
  • 録音演出:若林和弘
  • アニメーション制作:スタジオぎゃろっぷ
  • 製作:テレビ東京、NAS

キャスト

  • 野々原姫子、エリカ:大谷育江
  • 小林大地:大輝ゆう
  • ポコ太:伊倉一寿
  • チャッピー:佐藤春日
  • 野々原愛子:白鳥由里
  • 野々原夢子:横山智佐
  • 野々原花子:佐々木優子
  • 日比野ひかる:水原リン(現・真山亜子
  • 有坂静:子安武人
  • 支倉浩一:草なぎ剛
  • 高田哲夫:真殿光昭
  • 森愛美:遠藤勝代
  • 上倉一子:高山みなみ
  • 王様:峰恵研


リストリスト::アニメ作品//タイトル/は行 リスト::アニメ作品//1992年 リスト::アニメ作品//5〜8クール

姫ちゃんのリボン

(マンガ)
ひめちゃんのりぼん

集英社の少女漫画誌「りぼん」で連載されていた作品。
作者は水沢めぐみ。
テレビ東京系でアニメ化されたので、男性のファンも多い。

内容

おてんばな少女・姫子(姫ちゃん)は、ある日、姫子とそっくりな魔法の国の王女・エリカと会い、1年間、姫子の様子を観察するかわりに、他の人に変身できるリボンをくれた。リボンをつけた姫子は、この日から大きな変化が起きるのだった。
元気いっぱいの少女のファンタジックストーリーながら、中盤にはシリアスな部分があったり、ハラハラさせる内容があったりとした部分があるマンガである。

補足と噂

  1. 「姫ちゃんのリボン」は、連載当時、キャラクターが1人いたが、単行本掲載時にそのキャラクターをなかったようにして、内容を大幅に変えた。これは、「姫ちゃんのリボン変更点調査報告」というサイトで指摘されたが、しかし、作者は、そのことを黙秘してる。(2008年の集英社のマンガネット・少女マンガアーカイブでその事実を言ってるが、認めるようなコメントはない)。
  2. また、あるファンのブログではこのマンガの元ネタがあることを書いてる。その作品は1976年の高橋亮子原作の「つらいぜ!ボクちゃん」である。この件については、作者は事実を認めていない。
  3. このマンガに出てくる「風立駅」は、国立駅の旧木造の駅舎がモデルである。
  4. また、「りぼん」のファンサイトでは、「姫ちゃんのリボン」は、「ときめきトゥナイト」の要素を取り入れてるという。つまり、登場人物や内容が「ときめきトゥナイト」を思わせる部分がある。作者は、この件については、黙秘している。

ネットの話題: 姫ちゃんのリボン

人気

新着

新着ブログ: 姫ちゃんのリボン