富小路通

富小路通

(地理)
とみのこうじどおり

富小路通は、京都府京都市にあり、北は丸太町通から南は上数珠屋町通まで、全長約2.8kmの南北路。
豊臣秀吉の京都大改造によって生まれた通りで、以前は一筋東にある、麩屋町通を指していたという。それがいつのころからか逆転し、現在の通り名になった。
江戸時代には、鍛冶屋、目貫小柄屋、塗師などの職人衆が多く住んでいたといい、通りの地下からは、応仁の乱で焼けた遺品がそのまま発見されるなど、今も千年の都を感じさせられる通りである。

位置関係

西大路通 柳馬場通 富小路通 麩屋町通 東大路通

新着ブログ: 富小路通