岸洋子

岸洋子

(アート)
きしようこ

岸洋子とは…


ダンサー →まくらとジョーロ

岸洋子

(音楽)
きしようこ

歌手

1934年5月23日、山形県で生まれる。*1
オペラ歌手を志すものの、病気で倒れたため、断念。その失意のときに聴いたのが、エディット・ピアフシャンソンだった。
これがきっかけでシャンソン歌手への道を開き、1959年デビュー。
1964年に「夜明けのうた」を、1970年に「希望」で大ヒットさせる。
しかし、1970年に、膠原病という難病にかかるも病気を闘いながら歌手を続けた。シャンソンを主に歌い続けた岸洋子は、1992年12月11日にこの世を去った。

紅白歌合戦には、7回出場。1970年出した「希望」は、1971年に歌った。また、越路吹雪と人気を二分し、越路吹雪を「見せる歌手」に対して岸洋子を「聴かせる歌手」とも言われた。

*1:1935年3月27日生まれと言われてるが、実際のところは不明

新着ブログ: 岸洋子