島義勇

(社会)
しまよしたけ

文政5年9月12日(1822年10月26日)〜明治7年(1874年)4月13日
日本の幕末期の佐賀藩士。明治期の顕官。
明治新政府では北海道開拓使主席判官に就任し、札幌のまちづくりを指揮。「北海道開拓の父」と呼ばれている。1874年(明治7年)の佐賀の乱で敗れ、刑死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ