後撰集

(読書)
ごせんしゅう
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

日本最古の果物の一つともいえるナシ.古代では五穀を助ける救荒作物の一つ.万葉集にも詠まれています. しかし,「ナシ」という音を掛詞に使っていたり,紅葉が詠まれたり,食べる果実としてのナシは登場しません.梨の花は,絶世の美女・楊貴妃が涙ぐんでいる様子に例えられた(長恨歌)美しい花ですが,これも万葉集では詠まれていません.ナシが果樹園で栽培されるようになったのは江戸時代中期.以降,続々と新しい品種が選抜されたり,生み出されてきました.

日本最古の果物の一つともいえるナシ(梨,ニホンナシ). 縄文,弥生の遺跡からも出土し(データベースれきはく),日本書紀,正倉院文書にもその記載があります. ただし,当時は,現在私たちイメージする「果物」ではなかったでしょう. 日本書紀の記述では,持統天皇が詔を発して,梨を植えるよう勧めたとありますが,梨は五穀を助ける救荒作物の一つとみなされていました. 当時のナシは,現在の栽培種とは全く異なる「果物」だったはずですから,当然といえば当然. ヤマナシ - Wikipedia ただ,「植えるように勧めた」ということは,ナシが既に栽培の対象として,一定の地位をと得ていたことになります. 日本書紀 h…

yachikusakusaki's blog-3 か月前