徳川頼宣

(社会)
とくがわよりのぶ

日本の江戸時代前期の大名。徳川家康の十男
水戸藩、駿府藩、和歌山藩の藩主を歴任。1619年(元和5年)に紀州藩55万5千石に転封され紀州徳川家の祖となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ