Hatena Blog Tags

応武篤良

(スポーツ)
おうたけあつよし

アマチュア野球選手・指導者。正式には「應武篤良」。
通称「君津中興の祖」。
右投右打、ポジションは捕手。


1958年5月12日生まれ。広島県出身。
崇徳高校で、黒田真二山崎隆造らと共に1976年春の選抜優勝を果たす。

1977年、ドラフト3位で近鉄バファローズに指名されるも、拒否して早稲田大学に進学。和泉実らと共に活躍した。

卒業後、新日鐵広畑に進み、社会人野球の名捕手として活躍。
日本代表にも数多く選出され、古田敦也のサブとして1988年ソウルオリンピックに出場。

1989年、現役引退。

1994年、新日鐵君津の監督に就任。

短所を修正するより長所を伸ばす指導で、日笠雅人松中信彦森慎二古屋剛野田浩輔渡辺俊介を育てる。

また、チームを強豪に導き、都市対抗野球に出場を果たした。

2000年、監督を勇退。
2001年、IBAFワールドカップ野球日本代表で打撃コーチに就任。また、高校野球の解説者としても活躍。


2004年、早稲田大学の助監督に就任。

2005年、監督に昇格。就任早々東京六大学リーグで優勝を果たし、大学選手権でもベスト8入りを果たす。
2006年秋季、2度目の優勝。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ