Hatena Blog Tags

所有と経営の分離

(一般)
しょゆうとけいえいのぶんり

株式会社においては、株主が会社を所有するが、日常の会社経営は株主総会によって選任された取締役がこれにあたる。これを所有と経営の分離という。
自営業者のような原始的な企業活動においては企業の所有者と経営者は同一人物であるが、企業規模を拡大しようとすると、同一人物が資金と経営能力を同時に投入するにはおのずから限界が生じる。ここで所有と経営を分離すれば、資金を持つが経営に興味がない投資家に投資をさせ、経営能力はあるが資金に乏しい専門家に企業経営を任せることができる。このようにして発明されたのが株式会社の制度である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇って会社を任せる方が得策だと考えるようになります。これがバーリ氏&ミーンズ氏のいう「所有と経営…

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇って会社を任せる方が得策だと考えるようになります。これがバーリ氏&ミーンズ氏のいう「所有と経営…

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇って会社を任せる方が得策だと考えるようになります。これがバーリ氏&ミーンズ氏のいう「所有と経営…

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇って会社を任せる方が得策だと考えるようになります。これがバーリ氏&ミーンズ氏のいう「所有と経営…

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇

細田末吉氏著の『監査役監査の実務Q&A』という書籍を紹介する。 会社の監査には三様監査というのがあります。それは公認会計士(または監査法人)監査、内部監査、監査役監査です(2頁参照)。監査役監査はその三様監査のうちのひとつです。では、なぜ監査役監査が必要なのでしょうか。大概の会社は発足当初、規模も小さく、所有者と経営者が一緒なのが普通です。それが会社が成長し、事業規模が大きくなると、資金調達の面から多くの株主から資金を調達する必要性が発生します。また、経営環境が複雑化してくると、所有者も経営のプロを雇って会社を任せる方が得策だと考えるようになります。これがバーリ氏&ミーンズ氏のいう「所有と経営…