打海文三

(読書)
うちうみぶんぞう

作家。1948年生まれ。早稲田大学政経学部卒。1993年、『灰姫 鏡の国のスパイ』が第13回横溝賞優秀作に選ばれる。
2007年10月9日、心筋梗塞にて逝去。

著作

  • 灰姫 鏡の国のスパイ(1993)
  • 時には懺悔を(1994)アーバン・リサーチ・シリーズ
  • されど修羅行く君は(1996)アーバン・リサーチ・シリーズ
  • 凶眼(1996)アーバン・リサーチ・シリーズ
  • 苦い娘(「ピリオド」改題、1997)アーバン・リサーチ・シリーズ
  • そこに薔薇があった(1999)
  • ロビンソンの家(「Rの家」改題、2001)
  • ハルビン・カフェ (2002、第5回大藪春彦賞)
  • 愛と悔恨のカーニバル(2003)アーバン・リサーチ・シリーズ
  • 裸者と裸者 上・下(2004)
  • ぼくが愛したゴウスト(2005)
  • 愚者と愚者 上・下(2006)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ