整理回収機構

(社会)
せいりかいしゅうきこう

日本の金融機関 *1

株式会社 整理回収機構預金保険機構の100%出資による公的整理機関。
英文表記:The Resolution and Collection Corporation
略称:RCC *2

1999年(平成11年)4月1日 整理回収銀行住宅金融債権管理機構(存続会社:住宅金融債権管理機構)の合併により誕生。
住専7社の債権回収と破綻金融機関の債権回収を主な業務とし、破綻金融機関の経営者に対する刑事・民事の責任追及も行う。
後に信託業務を兼営し、破綻・公的資金注入銀行以外の金融機関から債権を信託方式で時価取得し、再生または証券化を通じてオフバランス化する業務が追加された。しかし、時価で買収することから金融機関側から見れば売却の時点で損失計上を迫られること、不良債権のみ買い取られ事業再生ではなく回収のみ行われるという悪印象から、債権売却が進まず後に産業再生機構設立の契機となる。

リスト::銀行

*1:金融庁のWEBにおいて「銀行」として登録されている。

*2:なお、略称はRCCだが中国放送の略称もRCCであるため、中国放送側の抗議を受け、略称の使用は控えている。ただし、2014年3月時点でも 整理回収機構 のWEBにて略称として“RCC”が紹介されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ