旧三笠ホテル

(一般)
きゅうみかさほてる

長野県軽井沢町所在の木造建築。明治39年(1906年)6月に、当時最先端、最高級の設備を備えたホテルとして営業を開始した。昭和45年(1970年)にホテルとしては廃業。昭和55年(1980年)3月に軽井沢町に贈与された。
日本人の手による純西洋式木造ホテルという点が高く評価され、国の重要文化財に指定されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ