書籍館

(読書)
しょせきかん

1)ライブラリーやビブリオテークの明治初めの訳語。当時のよみは【しょじゃくかん】。
2)日本最初の図書館(明治5年,東京湯島)の固有名。昌平黌の施設を転用した。明治7年に浅草の米倉へ移転し,浅草文庫と改称。
3)西武系の書店リブロの池袋店(東京)が入っているビルの名称。よみはおそらく【しょせきかん】

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ