東南海大地震

(サイエンス)
とうなんかいだいじしん

1944年に発生した三重県志摩半島南南東沖を震源とする海溝型巨大地震。
100年〜200年周期で発生するとされる。
東海大地震、南海大地震との連動型巨大地震が危惧される。


東南海地震参照。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ