Hatena Blog Tags

東天の獅子

(読書)
とうてんのしし

夢枕獏が、明治時代の柔術家や柔道家の戦いを描く、虚実の人物やエピソードが入り乱れた伝奇小説。

1998年に「月刊「小説推理」で連載を開始。

本来は明治時代の柔道家で、グレイシー柔術の基となった”コンデ・コマ”こと前田光世を描く予定だったが、プロローグとして登場するはずだった前田の師匠・柔道の創設者・嘉納治五郎を描く「天の巻」だけで連載十年の対策となった。
大東流合気柔術の創始者・武田惣角も登場する。

東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術

東天の獅子〈第1巻〉天の巻・嘉納流柔術

東天の獅子〈第2巻〉天の巻・嘉納流柔術

東天の獅子〈第2巻〉天の巻・嘉納流柔術

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ