松井大輔

松井大輔

(スポーツ)
まついだいすけ

サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。
1981年5月11日生まれ。京都府京都市山科区出身。身長175cm、体重67kg。
優れたテクニック、ドリブル、パスセンスを持つアタッカー。2004年、フランスのル・マンUCに移籍、地道に2部のリーグ・ドゥから実績を重ね、「ル・マンの太陽」と評される活躍をみせた。ジーコ監督時代の2003年、サッカー日本代表(A代表)デビューを果たしたが、2006年FIFAワールドカップ本大会のメンバーからは外れた。2010年、FIFAワールドカップの代表に選ばれ、4試合にスタメン出場して日本のベスト16進出に貢献した。
2003年に結婚したが、その後離婚。2011年6月22日、女優の加藤ローサと結婚。

エピソード

  • 尊敬するサッカー選手はドラガン・ストイコビッチ。
  • 中学時代には関西選抜の監督を慕って、大宅中学から藤森中学へと転校をした。
    • サッカー留学のような目的での公立の中学校間の転校は、珍しいケースである。
  • 高校時代は、全国高校サッカー選手権の二回戦で国見高校の大久保嘉人と、準々決勝で帝京高校の田中達也と対戦し、勝利している。
    • この大会で松井の鹿実は準優勝であった。
  • 高校卒業時(京都パープルサンガ入団前)に大阪商業大学サッカー部のセレクションを受けているが不合格とされた。
  • 私生活では、タッキー&翼の今井翼と仲が良く、その縁でアイドル雑誌『Myojo』に今井翼と共に登場し、女子中高生からも人気を集める。
    • 2010年6月11日放送のミュージックステーションで、試合前に聞く「勝ち歌」に今井翼のソロ曲「BACKBORN」と答えている。
    • 今井はワールドカップ南アフリカ大会期間中には松井の日本代表ユニホーム型キーホルダーを愛用して応援していた。
  • 朴智星(京都パープルサンガ時代の同僚)とは、今でも日本語でお互いによく電話、メールをしている仲。
  • 2010 FIFAワールドカップ・パラグアイ戦(2010年06月29日)のPK戦で駒野友一が外し結果として敗戦となった際には、肩を組んで涙を溜めながら励ました。
    • 後の『5LDK』(2010年07月29日放送)で駒野について「いじられキャラ」「最近はいじりすぎて、反抗期になってる」と冗談交じりに語っている。
    • 同番組内で日本代表の中での親友を聞かれ大久保嘉人、阿部勇樹、駒野友一を挙げている。
  • 足のサイズは26.5センチ
  • 海外においても社交的な性格で、「外人好きなんですよ」とのコメントが雑誌「Number」で紹介された。

所属クラブ

1994-1995
大宅中学
1995-1996
藤森中学
1997-1999
鹿児島実業高等学校
2000-2004.8
京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)
2004.9-2005.6
ル・マンUC(フランス/レンタル移籍)
2005.7-2008.6
ル・マンUC(完全移籍)
2008.7-2009.6
ASサンテティエンヌ
2009.7-2010.8
グルノーブル・フット38
2010.9-2010.12
トム・トムスク(ロシア/レンタル移籍)
2011.7-2012
ディジョンFCO
2012.9-2013
PFCスラヴィア・ソフィア(ブルガリア)
2013.7-2013.12
レヒア・グダニスク
2014-
ジュビロ磐田

代表歴

  • 2003 FIFAコンフェデレーションズカップ
  • 2004 アテネオリンピック
  • 2010 FIFA World Cup
  • 2011 AFCアジアカップ

個人タイトル

  • 2000 Jリーグ優秀新人賞
  • 2002 トゥーロン国際大会 ベストエレガントプレイヤー賞

リスト::サッカー選手
リスト::サッカー選手::日本/ま行

ネットの話題: 松井大輔

人気

新着

新着ブログ: 松井大輔