松月院

(地理)
しょうげついん

寺号。

  • 東京都板橋区赤塚にある、萬吉山と号する曹洞宗の寺。千葉自胤の開基にして同人の菩提寺ともなり、近代には下村湖人の墓所ともなった。
  • 静岡県伊東市湯川にある、桃源山と号する曹洞宗の寺。慶長12年(1607年)の開山で、伊東の市外を一望できるその境内には弁財天を祀る弁天堂などがあり、伊東温泉七福神の札所でもある。
  • 山口県宇部市山門にある、竹林山と号する浄土宗の寺。元は文殊院と号する真言宗の一ヶ寺として建久7年(1196年)に開山したが、万治2年(1659年)に現宗旨に改め、明治44年(1911年)に現寺号に改めた。大正時代の住職・道重(みちしげ)氏は東京の増上寺の法主を務めた人物。
  • 福岡県福岡市東区馬出にある、明照山と号する浄土宗の寺。昭和5年(1930年)の開山で、大光寺という真宗の寺と境内を接している。 → 松月院 〔明照山〕
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ