松木安太郎

松木安太郎

(スポーツ)
まつきやすたろう

松木安太郎は、日本の元サッカー選手・指導者・解説者。所属マネジメント会社はソル・スポーツマネージメント
現役時代のポジションはディフェンダー。
1957年11月28日生まれ、東京都中央区出身。
日本体育大学体育学部体育学科卒業。

略歴

小4で読売クラブに入団し、16歳でトップチームのメンバーに最年少で登録され12年間活躍。
また、日本代表選手としてロサンゼルスオリンピック予選、メキシコ・ワールドカップ予選などに出場。
90年、現役引退と同時に読売サッカークラブ・ユース監督に就任。93年、ヴェルディ川崎(当時の名称)の監督となり、チャンピオンシップ優勝など数多くのタイトルを獲得。
その後、セレッソ大阪、東京ヴェルディ1969監督を歴任し、現在は、サッカーの指導者、解説者として活躍する。
2003年からは母校である堀越高校のスペシャルアドバイザー、関西国際大学客員教授にも就任。
著書に『サッカー日本代表のここがスゴい!』『松木塾―サッカー上達講座』『遊YOUキッズ サッカー』など。

所属

選手

1973-1990
読売サッカークラブ

指導者

1990-1992
読売サッカークラブコーチ
1993-1994
ヴェルディ川崎監督
1998
セレッソ大阪監督
2001
東京ヴェルディ監督

代表歴

  • 1985年、FIFAワールドカップメキシコ'86 アジア地区1次予選
  • 1987年、ソウルオリンピックアジア地区最終予選
  • 1986年、第10回アジア競技大会(ソウル)

記録

  • JSL1部リーグ通算 208試合 7得点
  • 日本代表国際Aマッチ 12試合出場

ネットの話題: 松木安太郎

人気

新着

新着ブログ: 松木安太郎