林忠彦

林忠彦

(アート)
はやしただひこ

林忠彦(1918-1990)
写真家。
関連語 リスト::写真家
山口県徳山町(現山口県周南市)出身。
1935年、県立徳山商業を卒業し、大阪の中山正一写真館に弟子入り。
東京のオリエンタル写真学校に学び、39年東京工芸社に入社する。
戦時下は華北広報写真協会で中国戦線の様子の撮影などに従事。
復員後はフォトグループ銀竜社を結成。
『小説新潮』で作家たちのポートレートを撮り、名声を築く。



中でもバー・ルパンでくつろぐ太宰治や織田作之助、坂口安吾の写真は、
無頼派ファンに今も愛される。また膨大な原稿やゴミで溢れかえった書斎
で一心不乱に執筆する坂口安吾の写真は衝撃を与え、作家=明窓浄机とい
ふ固定観念を強かに打破した。



代表作としては『日本の作家』『日本の経営者100人』『日本の画家108人』
『日本の家元』などの人物写真が有名だが、戦後の世相を捉えた『カストリ時代』、
『小説のふるさと』『カラー日本百景』『長崎−海と十字架』などの風景写真も
傑れている。


新着ブログ: 林忠彦