武藤章

(一般)
むとうあきら

陸軍軍人。
1892年12月15日熊本県出身。
1937(昭和12) 参謀本部作戦課長。在任中、盧溝橋事件に際してとして対中国強硬政策を主張する。
1939(昭和14) 陸軍軍務局長
1942(昭和17) 近衛師団長
1944(昭和19) 在フィリピン第14方面軍参謀長

戦後、東京裁判でフィリピンでの米国捕虜虐待の罪により死刑判決を受ける。
1948年12月23日に巣鴨プリズンで絞首刑に処された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ