民撰議院設立建白書

(社会)
みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ

1874年(明治7年)1月17日に日本の板垣退助や後藤象二郎らが、政府に対して最初に民選の議会開設を要望した建白書のこと。この建白書提出によって自由民権運動の端緒となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ