江南区

江南区

(地理)
こうなんく

新潟市港南区は、新潟県新潟市の区のひとつ。
新潟市のほぼ中心に位置し、2007年4月1日、曽野木地区、両川地区、大江山地区と旧亀田町、旧横越町のほぼ全域によって構成されを区域として発足。
面積は75.42km²、人口は69,354人*1
イメージカラーは「スプリンググリーン」。

地勢

信濃川、阿賀野川、小阿賀野川、日本海東北自動車道に囲まれ、西蒲区以外の全ての区と阿賀野市に接している。
土地は平坦で海抜0メートル地帯が多く、かつては、河川の氾濫などで幾多の浸水被害があったが、河川改修や土地改良事業により、広大な優良農地へと生まれ変わり、水稲を基幹とし、そ菜、果樹、花きを加えた多様な農産物を供給する都市近郊型農業が営まれている。
また、交通の要衝として、北陸自動車道・磐越自動車道・日本海東北自動車道の高速道路をはじめ、国道49号・403号、主要地方道など広域幹線道路やJR信越本線などが通り、その利便性を活かした街づくりが進んでいることから、工業団地や大型商業施設も多く、居住地にも恵まれる一方、水と緑豊かな河川や農村空間が広がる、都市と農村のアメニティを享受できる地域となっている。

全国地方公共団体コード(市町村コード)

15104-1

*1:2016年7月31日現在

新着ブログ: 江南区