清和政策研究会

(社会)
せいわせいさくけんきゅうかい

自民党の派閥。
旧・および通称「清和会」「森派」「町村派」。

岸信介派の分裂を受けて福田赳夫を中心とする「党風刷新連盟」が起源。福田を領袖とし、田中角栄派と「角福戦争」と呼ばれる派閥抗争を繰り広げた。福田後は、安倍晋太郎、三塚博、森喜朗が派閥会長を歴任。小泉純一郎首相も派閥を離脱する前は清和会の会長として森内閣を支えた。小泉純一郎が総裁・総理就任後は一貫して自民党の主流派。小泉の後継・安倍晋三もここの出身。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ