溶鉱炉

溶鉱炉

(アート)
ようこうろ

都内で開催される、定例朗読会「溶鉱炉」


定例朗読会溶鉱炉として2004年3月に発足。詩のサイトPoetry, Music,Performance Welcome to Narcisse

http://www.h4.dion.ne.jp/~narcisse/index.htm )によるプロデュースで、

主宰者は恋川春町。日々、文化として定着し市民権を持ちつつある

ポエトリー・リーディングシーン。「溶鉱炉」では敢えてロック音楽、前衛音楽、実験映画、舞踏など、あら

ゆる形のパフォーマンスの融合という方法により<呪われた詩の実現>を目指す。絶え間なく千変万化

しながら現前に存在する<表現者の姿>の下、「朗読パフォーマンス」という一ジャンルが生起する。

「詩人たちの手に危険ですごい武器ひとつ」(ジャン・コクトー)

ネットの話題: 溶鉱炉

人気

新着

新着ブログ: 溶鉱炉