牧野周一

(アート)
まきのしゅういち

1905〜1975 活動弁士、漫談家。息子は指揮者の宇野功芳
1923年、広尾不二館で初舞台以来、洋画説明者として、シネマ銀座、邦楽座、新宿武蔵野館などで活躍。武蔵野館では徳川夢声と並んで人気があった。弁士廃業後は、漫談で一世を風靡した。
1975年5月3日、急性心不全の為死去。70歳。
ポール牧牧伸二は弟子。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ