白鳥庫吉

(読書)
しらとりくらきち

白鳥庫吉(しらとりくらきち)。1865-1942。千葉県生まれ。本名は倉吉。
東洋史学者。
東京大学文科大学史学校を卒業。東京帝国大学文科大学史学科教授。
朝鮮はもとより、アジアの広大な領域を対象にし、歴史学、民俗学、神話学、言語学、宗教学、考古学にまたがる業績を遺した。
東洋文庫の設立にも尽力し、東洋学の発展に多大なる寄与をなした。
全集は全10巻、岩波書店より刊行された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ