眞鍋政義

眞鍋政義

(スポーツ)
まなべまさよし

バレーボール元選手、指導者。現・全日本女子チーム監督。
現役時代のポジションはセッター
1963年8月21日生まれ。兵庫県姫路市出身。

選手歴

大阪商業大学高等学校→大阪商業大学→新日鐵ブレイザーズ(1993からは監督兼任、〜1999)→パレルモ(セリエA、1999〜2000)→旭化成スパーキッズ(2000〜2002)→松下電器パナソニックパンサーズ(2002〜2004)→旭化成スパーキッズ(2004〜2005)

指導歴

久光製薬スプリングス監督(2005-2008)→全日本女子バレーボールチーム監督(2008-)

受賞歴

日本リーグ・Vリーグ ベスト6 12回、優勝監督賞 1回
黒鷲旗 最優秀選手 1回、ベスト6 6回

代表歴

オリンピック 1988
バレーボールワールドカップ 1985, 1989, 1995
バレーボール世界選手権 1986, 1990, 1997
バレーボールアジア選手権 1987, 1989, 1995 
アジア競技大会 1990
バレーボールワールドリーグ 1995, 2003

新着ブログ: 眞鍋政義