累犯障害者

(一般)
るいはんしょうがいしゃ

犯罪を繰り返す障害者(主に知的障害者)のこと。2006年に出版された元衆議院議員で作家の山本譲司の著書「累犯障害者」で有名になった言葉である。生き延びるために微罪を繰り返して刑務所に入る場合が多いとれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ