裴松之

(社会)
はいしょうし

中国魏晋南北朝時代歴史家372年 - 451年)。河東郡聞喜県の人。字(あざな)は世期。

南朝の東晋劉宋に仕えた。

劉宋の文帝劉義隆)の命令により、『三国志』(正史三国志)に注釈を付けた。西晋陳寿が編纂した『三国志』は内容が簡略であったため、裴松之は当時残っていた史料から、異説異聞、明らかに誤りであるような記事、信憑性の低い記事などを出典を明らかにし引用することで積極的に取り入れ、その資料の評価や陳寿の評価に対する意見、裴松之本人による考察などを注釈として『三国志』に加えた。

この注は「裴注」と呼ばれ、劉宋の文帝に賞賛された他、後世の史家に珍重された『三国志演義』の元ネタになっていると思われる記事もこの「裴注」に多く含まれている。

リスト::三国志関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ