製造物責任法

(社会)
せいぞうぶつせきにんほう

第一条による目的

製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合に
製造業者等の損害賠償責任について定めることにより、
被害者の保護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。


略称「PL法

関連キーワード

コンプライアンス食中毒企業倫理

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ