譜代大名

(一般)
ふだいだいみょう

江戸時代の大名で、関ヶ原の役以前より徳川氏に臣従していた大名。
幕府発足後に旗本から大名に取り立てられた武家や、外様大名が親藩や譜代大名との養子縁組や婚姻により譜代大名扱いになった諸侯もある。
 老中、若年寄、大阪城代京都所司代寺社奉行奏者番等の幕府の要職は譜代大名の中から選ばれた。

関連用語

親藩大名、外様大名

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ