老中

一般

老中

ろうじゅう

 江戸幕府の職名。幕府では通常は将軍に次ぐ職位*1

 大目付町奉行遠国奉行などを指揮監督し、朝廷公家・大名・寺社に関する事柄、知行割り等を統轄した。定員は4〜5名で、通常は月番制で毎月1人が担当し、重大な事柄については合議が行われた。

*1老中の上に臨時に大老職が置かれることもあった