阿部正弘

阿部正弘

(一般)
あべまさひろ

幕末期の政治家(1819年10.16-1857年06.17).老中.備後国福山藩主.
父は阿部正精(まさきよ).伊勢守.号は裕軒.
1836年(天保7)年,兄正寧(まさやす)の隠居に伴い相続.22歳で寺社奉行,43年には25歳で老中に抜擢された.45(弘化2)年老中首座.
弘化・嘉永期には水戸の徳川斉昭や薩摩の島津斉彬ら雄藩大名と連携,朝廷に異国船情報を奏上するなど海防政策に追われた.
1854年(嘉永6年)にペリーが来航すると,合衆国大統領親書を受け取り,大名・諸士に対応を諮問,翌年に日米和親条約を締結し日本を開国した.
また,品川台場の築造,軍艦の注文,長崎海軍伝習所・講武所・蕃書調所設立などの新政策を実現した.また,岩瀬忠震大久保忠寛永井尚志ら優秀な人材を登用した.

新着ブログ: 阿部正弘