禁中並公家諸法度

禁中並公家諸法度

(一般)
きんちゅうならびにくげしょはっと

江戸時代、徳川家康が作らせた朝廷、引いては天皇をも縛る法律。
天皇を縛る規定のある最初の法律でもある。
院政を認めずその規定を作らなかったため、後水尾上皇を止められずに院政を始められると統制しきれなくなってしまう。

新着ブログ: 禁中並公家諸法度