電波暗室

(サイエンス)
でんぱあんしつ

外部からの電磁波の影響を受けず、かつ逆に外部に影響を与えないように電気的に隔離された実験設備のこと。内部で電磁波が反射しないような構造になっている。無線機器の実験やEMC計測などに使用する特殊な実験室である。
別名:電波無響室。

実際の所は…

多くの電波暗室は、目的とする特定波長以外の電磁波を通したりする。
例えば、白金や銀の繊維を用いて作られた細かい目の金属網で作られた電波暗室は、可視光波長の電磁波を多く通してしまうだろう。(内部が透けて見えるのだから当然である。)
また、医療用の電波暗室設備というものもあるが、一部波長はしっかり通したりする。
他にも携帯電話の電波が通らない様に防護された相談室等もあったりするが、赤外線等は通したりする。
勿論、どの様な電波暗室設備なのかにもよるが、電波暗室だからと言って全ての波長の電磁波を完全に防げるというわけではない事は注意されたい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ