音の壁

(一般)
おとのかべ

航空機の速度が音速に近づくと、空気の圧縮性の影響を受けて抵抗が急増する。また、機体表面で局所的に衝撃波が発生して飛行特性が変化し、飛行が困難となる。これらの現象を音速の前に立ちはだかる壁に例えて「音の壁」(sound barrier)と呼んだ。

「音の壁」を克服することは、第二次大戦から1950年代までの航空技術にとって大きい課題の一つだった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ